昼飲み、夜パフェ。 あなた色に楽しんで。

東仁王門通りの近く、緑の木々やツタからのぞくひかえめな看板には『喫茶アミーゴ』の文字。扉を開けると印象的な赤いカウンターと、午後の日差しが差し込む木を基調とした店内が出迎える。  オススメの和歌山クラフトビールのナギサビールで乾杯。爽やかな香りと味が口に広がる。ドイツの国民食というレバーケーゼの思わぬふわふわ食感に頬もほころぶ。手書きのメニュー表は、そのひとつひとつに対する店主の愛着が溢れ、眺めているだけで楽しい。穏やかな音楽と窓からの木漏れ日に加え、昼飲みのちょっぴりの背徳感がさらに心地よくさせてくれる。  平成の始まりとともに誕生したアミーゴ。店主は数回変われどもその名は受け継がれ、現店主ジャスミンさんの代になって今年で5年目を迎える。

コンクリートに緑が映えるシンプルモダンな外観。

コピーライターの一面も持つ彼女のまわりには、作家や歌人など、言葉や表現を生業にする人達が自然と集まるという。お客さん同士の話に花が咲き、新たな交流が生まれる場となっている。  昼から飲む人もいれば、夜にお茶を楽しむ人もいる。ビールのおつまみにイチゴパフェ、なんて人もいるとか。アミーゴの名の通りその空間自体、旧知の友達のような居心地の良さ。ぜひあなた好みに楽しんでみて。

可愛らしい形のワッフルチェア。美味しそうでも食べないでね。
あみの画像

“ナギサビールが全種類飲めるのは
名古屋でここだけですよ〜。

喫茶アミーゴ

住所:中区大須2-25-4久野ビル2F
電話:052-262-6750
営業時間:14:00~20:00(酒19)
通常15:00~22:00
休日:水曜日
料: 500円~
決:現金・paypay

カフェバー