お寺の中の古民家カフェで
おばんざいランチをリーズナブルに

矢場町交差点すぐのところにある清浄寺。その境内にひっそりと佇むのが、築50年以上の民家を改装した『くつろぎ食堂Ami』だ。  昭和レトロなガラス戸を開けたら、代金は入口での先払い。この日はおばんざいランチを頂くため税込八八〇円を支払う。メインメニューをお肉かお魚どちらかから選んだら、手指消毒。ご飯とお味噌汁をよそって席へ。  通常、おばんざいランチはビュッフェスタイルだが、現在は感染症対策のためお膳での提供となっている。旬の野菜を使用した、彩り豊かなおばんざいが盛り付けられた小鉢たちが目にも楽しい。常連客を飽きさせないよう、メニューも日替わりだという。  もともとはアジアやアフリカからの輸入雑貨を販売していたオーナーが経営しているため、

オープンからずっとお店の上で飛んでいる思い入れの深い作品。

テーブルやインテリアのひとつひとつが味わい深い。縁側から眺めるお寺のしだれ桜や樹木の緑も、時間の流れをゆるやかに感じさせる。  店名の由来は、雑貨の主な輸入元が東アジア、南アジア、西アジアの3エリアだったことから、アが3つで『Ami』となったそう。  和とエキゾチックが融合したムードの中で、おばんざいを楽しみながらゆったりとくつろぎのひとときを過ごして欲しい。

照明をおさえた店内で、日常のごたごたを忘れてホッと一息。
あみの画像

アジアン雑貨や季節の移ろいも楽しめるよ!

くつろぎ食堂 Ami

住所:中区大須4丁目1-32清浄寺境内
電話:052-251-7721
営業時間:11:30~14:00
休日:第一、第三月曜日
料: 880円~
決:現金のみ

おばんざい